罰ゲームとしておすすめの景品は?おもしろ景品3選

パーティーで盛り上がるものに罰ゲームがあります。
ゲームで最下位になった人やくじで外れを引いた人などに罰ゲームの景品を渡してみんなで楽しみましょう。
もちろん、シャレで済む程度にしなくてはいけませんよ!
罰ゲームにおすすめの景品をご紹介します。

 

激辛商品

辛いものを食べるというのは、罰ゲームの定番でもあります。
定番だからこそ面白いのでしょう。
「自称!?日本で2番目に辛い柿の種」
「日本一辛い黄金一味仕込みのビーフカレー」
「大人のプレミアムスティック(激辛ハバネロ味)」
など、罰ゲーム用の激辛商品がたくさん用意されています。
子供や辛いものを食べると体調を崩す人がいると使えないので、参加者のメンツをちゃんと把握して大丈夫かどうかを確認しなくてはいけませんが、罰ゲームとしてはとても盛り上がります。

 

ビリビリするタイプのもの

火をつけようとした瞬間に電流が走るビリビリライターや、ガムをあげる振りをして相手がガムを引っ張った瞬間に指先に電流が走るビリビリガム、書こうとした途端に電流が走るビリビリマジックなど、普通に使おうとするとビリビリ来る景品も、見ていて面白いものです。
罰ゲームを受ける人が、電流が走ると分かっていて恐る恐る使う様子を見るのも楽しいですし、司会進行の人がさり気なく渡して騙すというのも場が盛り上がります。
これも、子供や心臓の弱い人などには使わないように注意しましょう。
あと、真面目過ぎる人もやめておいた方がいいかもしれませんね。

 

ロシアンルーレット的な景品

6個のうち1個が激辛のクッキーや反対に6個のうち5個が激辛のキャンディー、一つだけ超ずっぱい味のものが入っているキャンディーなど、どれかが外れになっているロシアンルーレット的な景品も罰ゲームの定番です。
誰が罰ゲームになるか分からないドキドキ感や、外れ(当たり?)を引いた時のリアクションなど、楽しめる要素がたくさんあるのがロシアンルーレット的な景品です。

 

最近では、こんな罰ゲーム用の景品もたくさん売っているので、探してみるのも楽しいですよ。